football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2012/05/12号

55秒で決着
決定機6回もあったのに

コンサドーレ札幌 0-1 FC東京

 得点者

順位第11節 5/12現在 勝点得点失点得失差
18 コンサドーレ札幌 4 11 1 1 9 8 0.73 (17) 18 1.64 (15) -10
6 FC東京 18 10 6 0 4 11 1.10 (13) 10 1.00 (4) 1

          前田
          (榊)
         
 高木純   近藤   古田
 (大島)  (内村)

    前         河合
              
 岩沼 櫛引 ジェイド 日高
            ノース

       イ・ホスン

sub:杉山 奈良 芳賀 砂川

今度は開始早々失点ですか。1分に満たない開始55秒で失点。めったにないモノを見たなんて、言っている場合ではありません。ハンデをあげるほどの余裕はありませんよ。

今季逆転が一回もないチームですから、こちらの余裕のなさがお見通しになります。前半は相手のペースだったものの、反撃もできていました。相手よりも決定機が多かったにもかかわらず、得点は逆。5〜6回はあった決定機ですが、1対1になった前半30分と後半6分の古田の決定機は、GK権田に近すぎたのではないかと思えます。好セーブが続くと、GKはのっていくものです。ファインセーブに遭った後半10分のフリーでの高木や後半18分の近藤のシュートは、相手GKを乗せた結果なのかもしれません。

試合経過

開始早々のCKから失点。梶山のつま先に当たって方向が変化して、ゴールに吸い込まれた。シュート数は11本ずつで、互いに攻め互いに守る好ゲームだったが、GK権田修一の再三のファインセーブと決定機に決められなかったことが勝負を分けた。

この試合の収穫

宮沢が肉離れで全治4〜6週で離脱したボランチで、前が及第点の出来でした。河合が満身創痍、芳賀が病み上がり、山本がまだ間に合わない、岩沼は左SBな状態で、貴重な存在になりつつあります。

大島と榊が戻ってきて、前線は厚みを増しました。バリエーションは増えますが、得点にこだわること、そして勝ちにこだわることも打ち出すべきです。気がつくと残り25試合です。

(15日 01:40)