football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2012/04/04号

未勝利対決制す
今季公式戦初勝利

横浜F・マリノス 1-2 コンサドーレ札幌

 得点者

順位 Bグループ第2節終了時 勝点 得点 失点 得失差
1 鹿島アントラーズ 6 2 2 0 0 3 1.50 0 0.00 3
2 清水エスパルス 3 1 1 0 0 1 1.00 0 0.00 1
3 コンサドーレ札幌 3 2 1 0 1 2 1.00 2 1.00 0
4 アルビレックス新潟 3 2 1 0 1 1 0.50 1 0.50 0
5 横浜F・マリノス 1 2 0 1 1 2 1.00 3 1.50 -1
6 大宮アルディージャ 1 2 0 1 1 1 0.50 2 1.00 -1
7 ヴィッセル神戸 0 1 0 0 1 0 0.00 2 2.00 -2

         大島
        
   榊   キリノ   三上
 (岡本)         (近藤) 

     前     宮沢
          
  上原 奈良 櫛引 日高
 (岩沼)

        高木貴 

sub:杉山 ジェイド・ノース
     荒野 前田

勝ったことに意義があります。カップ戦かリーグ戦の区別は関係ありません。ひとつの勝利が次の勝利を呼び込むことはよくあるものです。どちらもリーグ戦からメンバーを代えていますか、それよりも白星に勝る良薬はありません

スタメンに10代の選手が5人並びました。リーグ戦でフルタイム出場を続ける奈良を別枠と考えると、アピールタイムは限られてきます。榊のゴールは、前半ロスタイムに相手猛攻後のカウンターで日高が駆け上がり、ファーで同じ様に駆け上がってクロスを受けてからのもの。ジャンプして胸でワントラップすると、そのまま頭でねじ込みました。決めた榊も持ち込んだ日高もビューティフルですね。映像を観ていませんが、ヒシヒシと伝わってきました。

試合経過

相手の最終ラインでバックパスの処理をミスに乗じて、こぼれ球を大島が拾いドリブルで独走して冷静に決めて先制。前半ロスタイムに相手の猛攻をしのいだ直後に、榊のプロ初ゴールで突き放した。

後半は押し込まれる時間帯が長かったが、一失点に抑えた。攻撃でのイージーなミスや判断など、改善点は多いものの、若手の思いきり良いプレーが結果につながった。

それでも苦言をいわせろ

後半に追加点を取ろう。相手が後半開始と同時に2人交代して押し込んでいきましたが、こちらの後半のシュート数1本は無抵抗に等しい。好調なチーム相手なら、簡単に得点を許しています。

さて、次はリーグ戦です。しかも石さんダービー。今日の出場選手から誰がメンバー入りできるかも含めて、見どころ多い重要な試合です。

(7日 00:20)