football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2011/11/26号

第一関門突破
古田・宮沢が決めた
芳賀おかえり

湘南ベルマーレ 0-2 コンサドーレ札幌

 得点者

順位第36節 勝点得点失点得失差
13 湘南ベルマーレ 45 37 12 9 16 44 1.19 (8) 46 1.24 (12) -2
3 コンサドーレ札幌 65 37 20 5 12 47 1.27 (5) 31 0.84 (2) 16
2 サガン鳥栖 68 37 19 11 7 66 1.78 (2) 32 0.86 (3) 34
4 徳島ヴォルティス 65 37 19 8 10 51 1.38 (4) 37 1.00 (5) 14

         ジオゴ
         (近藤) 
        
  砂川    内村    古田
 (芳賀)  (上原) (左MFへ)

     河合     宮沢
(3バック中央へ) (トップ下へ)
              
 岩沼 奈良 山下 高木純

       イ・ホスン

sub:阿波加 櫛引 日高 岡本

7828人の観衆のうち約1800人、2割を越すアゥエー率だったんですね。座る予定の方も立ち見になるほどのアゥエー席でした。ピッチでのウォーミングアップ前から大声援を送って、どっちがホームなのかわからない雰囲気の中でのがけっぷちでの試合。雰囲気は最高でした。

あちらも反町監督退任とMFアジエルの退団が決定。5連敗中ですが、モチベーション高く臨んでくるものと観ていました。その通り開始から押し込まれて、こちらはチャンスどころかなかなかボールを持たせてくれません。アジエルは反則な強さで、中盤を支配されました。しかし、正直言って、相手のゴール前での詰めの甘さに助けられました。こちらもイ・ホスンのセーブだけでなく最終ラインやボランチが必死に抑えて、反撃できるその時を待つかのような時間の進み方です。前半30分あたりから内村の飛び出しも出始めましたが、スコアレスで前半を終えられたのは上出来でしょう。

後半になって、まず目に行ったのは古田でした。前半から古田を目掛けて長目のボールで攻めるもなかなかうまくいきませんでしたが、左サイドに移ってからは、フリーでボールを持ててチャンスが増えました。3-5-2に変更したことよりも、前線の布陣を変えたことに気づきました。後半12分にジオゴに替わって近藤が投入されると、さらにチャンスが増えます。スピードとキープ力の重戦車ぶりは、明らかにジオゴより上の出来です。同時に宮沢がトップ下ながらも、実際にはセンターフォワードに近い位置でプレーして3トップに変えたのと思えるほど、攻撃に厚みがでました。こうなると得点は時間の問題です。近藤投入4分後の後半16分に訪れました。内村が相手ゴール前で粘って、こぼれたボールを右から砂川が左の近藤へ。相手に阻まれていると思ったら、外側にフリーで古田がいました。思いっ切り振り抜いて、美しい形の先制 点です。前線で2人も粘れる選手がいるのは大きいですよネ。

その後も攻め続け、後半34分には芳賀が8月以来のピッチ。昇格時の主力が戻ってきました。落ち着きも考えつつ、追加点への期待がふくらみます。相手CKからヘッドで二度も狙われましたが、ホスンが冷静に対処。ピンチのあとにはチャンスありで、後半38分に相手の戦意を削ぐには十分な追加点を得ます。再び近藤です。左からドリブルで中に持ち込み敵を引きつけると、逆サイドでフリーの宮沢にラストパスです。冷静に決めてくれました。

もっと得点を期待しましたが、近藤・内村が粘り、古田・宮沢で取る。活躍してほしい選手で得点が取れました。これは2-0以上の価値が高い勝利ではないでしょうか。背水の陣はスカッとした勝利を収めました。

今日の寸評(ひとこと)

この試合が終わった時点で、3チームが勝ち点65で得失点差の勝負。まだ4位でしたがJ1へいこ〜う〜の大合唱。翌日、サガンがアウェーでヴォルティスを3-0で下し、最終節を前に3位浮上です。自力で昇格できます。

願うは強敵からの勝利。もうひとつ願うなら超満員の札幌ドーム。娘の学校行事で欠席のワタシは、皆様に託して静かに自宅でその時を迎えたいと思います。

(30日 02:20)