football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2011/09/24号

スコアレスドロー
最低限の結果

コンサドーレ札幌 0-0 徳島ヴォルティス

 得点者

9/25現在(第29節) 勝点得点失点得失差
2 コンサドーレ札幌 50 27 15 5 7 34 1.26 (6) 20 0.74 (2) 14
5 徳島ヴォルティス 46 26 13 7 6 38 1.46 (5) 24 0.92 (5) 14

         ジオゴ
        
  近藤    岡本     古田
         (内村)   (砂川)

     高木純     河合
              
 上原  櫛引  山下  日高
 (前) 
       イ・ホスン

sub:高木貴 岡山 三上 横野

中二日で選手を入れ替えながらの戦い。その上悪いことに、試合当日に岩沼が体調不良で急きょ欠場になりました。監督はゲーム内容から見ても絶対に勝たなければいけないゲームだったと悔しがりますが、試合開始時点で暫定一位と三位の対決でスコアレスドローなら、悪なりにもよい結果ではなかったのではないでしょうか。

ここ最近の傾向のように、試合の入り方はとてもよく、相手陣内で戦えていた時間帯が結構ありました。しかし、お互いに守り合った試合でもありました。敵将に「プレスが厳しくてつなげなかった」と言わせたのは自信になります。櫛引と山下のセンターバックのコンビも、もはやおなじみになりました。

好機らしい好機は、後半14分の上原が相手DFをかわして左足で打った強烈なシュートと、後半40分のゴール前で砂川がDFの股下を抜くシュートでしょう。前者はGKにブロックされてCKになり、後者もエリア内で打ちましたが抑えられました。お互いにGKが活躍すると得点はしづらくなります。スコアレスドローが妥当な試合で終わりました。想定外の事態があったにもかかわらずこの結果なら、前向きに見れます。

この試合の着眼点

高校3年生の前が、Jリーグデビューを果たしました。後半42分に上原に代わって左サイドバックへ。評価には出場時間が短すぎますが、前線へのオーバーラップなど積極性も見せました。ボランチとサイドバックは選手層が薄くなっているので、再びチャンスはあるでしょう。

9月は全勝は成りませんでしたが、2度目の4連勝は収穫です。本当の戦いは10月でしょう。10/19・22・26はアゥエー3連戦です。天皇杯もあります。残りは11試合です。

(23日 14:10)