football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2010/11/07号

耐えて止めつづける
勝利に王道なし

コンサドーレ札幌 1-0 ジェフユナイテッド千葉

 得点者

順位 (第33節) 勝点得点失点得失差
13 コンサドーレ札幌 38 31 9 11 11 31 1.00 (13) 36 1.16 (8) -5
5 ジェフユナイテッド千葉 51 31 15 6 10 52 1.68 (4) 32 1.03 (5) 20
順位(後半戦14節) 勝点得点失点得失差
13 コンサドーレ札幌 15 13 4 3 6 11 0.85 (16) 14 1.08 (8) -3
8 ジェフユナイテッド千葉 19 13 6 1 6 20 1.54 (7) 12 0.92 (3) 8

          内村
        (宮澤)
             
  三上    高木    藤田
(砂川)        (藤山)

      上里     芳賀

 岩沼  石川  吉弘  西嶋
                  
          高原

sub:佐藤 曳地 横野 上原

終始押し気味なのにワンプレーで負けることもあれば、圧倒的に押されていても耐えて耐えて最後に得点を得る。これがサッカーの醍醐味であり落とし穴でもあるところです。昇格消滅のチームが昇格争いで何が何でも勝たないといけないチームをうっちゃるなんて痛快ですネ。

順位の差が如実に現れた前半でした。カウンターからようやく初シュートが出たのが前半36分。それまではずっとサンドバッグ状態で高原がビッグセーブで防ぐ展開が続きました。後半立ち上がりは立て続けにゴールに迫りますが、相手はそれを上回る勢いで逆襲してきます。それもまた高原に何度となく救われました。22本のシュートを浴びています。

スコアレスドローで終えられれば万々歳でしたが、終了間際に決めてくれました。左サイドを突破した砂川からのクロスに、宮澤が飛び込んでヘッド。高木が1トップに入って、つぶれ役になっていたのも良かったようです。これが今季2得点目です。言われて気づきました。ホームでの勝利も、真夏以来久しぶりです。

それでも苦言をいわせろ

宮澤の得点で思い出したが、昨年と比較してみよう。昨年は5得点だったのですね。ほかに上里(6→4得点)、西嶋(5→2得点)、上原(3→0得点)が目立ちます。この4人だけで計10得点のダウン。これでは苦戦続きになります。挽回してもらわないと、来年につながりません。

戦力外通告の時期にはまだ早いのに(今年はそんな傾向を強く感じる)砂川・藤山・箕輪の退団が明らかになりました。今年でさえ4億5000万円になって、強化費を削減されたと感じたのですが、来年はさらに3億5000万〜4億円削減するようです。

シーズン中の異動を含めるとDF:-3/MF:-2/FW:±0といった増減。この穴埋めは当然として、今季みたいに長期離脱者だらけで、ホームなのにベンチ入りメンバーが7人満たせないのは困ります。くれぐれも、低予算でやりくり上手でお願いします。

(12日 00:00)