football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2010/09/19号

勝負の怖さを知れ
そして強くなれ

コンサドーレ札幌 0-1 サガン鳥栖

 得点者

順位 (第26節) 勝点得点失点得失差
12 コンサドーレ札幌 30 24 7 9 8 26 1.08 (12) 28 1.17 (8) -2
10 サガン鳥栖 33 23 8 9 6 29 1.26 (7) 28 1.22 (11) 1
順位(後半戦7節) 勝点得点失点得失差
14 コンサドーレ札幌 7 6 2 1 3 6 1.00 (11) 6 1.00 (4) 0
16 サガン鳥栖 4 5 0 4 1 5 1.00 (11) 6 1.20 (9) -1

       近藤   横野
            (岡本)
              
  上原            古田
(高木)

     宮澤       芳賀
  
  西嶋  石川  吉弘  藤山
                 (上里) 
           高原

sub:佐藤 堀田 砂川 中山

いい具合で攻めていました。こちらの時間帯も結構あり、チャンスを作れていました。守備陣も結構頑張っていました。スタッツを見ると、シュート数は10本に対して9本。コーナーキックなどほかの数字もそん色ありません。しかし、結果は敗戦です。

藤田が負傷離脱。内村が出場停止。高木が負傷でベンチスタート。それでDFラインにセンターバックが四人並びました。これは守備の安定面では良かったですね。危ないシーンはほとんどありませんでした。ただし、サイドからの攻撃力は劣りますので、昇格した07年のように、徹底してやり抜いてもいいのではないでしょうか。

攻撃は横野と上原がプロ初先発。近藤と共に前線に立ちました。当落線上の即席組合せでは、コンビネーションは期待できず技術の問題になります。大半は枠を外れていましたが、前半風上の相手に7本シュートを浴びても、後半に風上に立って同じ7本お返ししたように、チャンスはありました。、最後はゴールに向かう執念がタイムアップまであったかどうか。PKを献上したFW豊田は、試合に出続けている分、その点で勝っていたのでしょう。ロングボールに抜け出した相手を倒してPKを与えた吉弘ばかり目立ってしまいますが、一瞬で勝負が決する、それがサッカーと、あらためて認識させられる試合でした。

この試合の収穫

ここ数試合感じさせた期待感通りに、横野は頑張ったと思います。動きがよく、ポストプレーもできます。上原の高さも魅力で、共に次も起用してほしいと思います。

若手の起用は歓迎だけど、昇格に黄信号の今こそゴン中山の力が必要じゃないですか。にもかかわらず出さないのは、どういった考えなのでしょうか。戦力として考えているのなら、それなり起用をしないと疑念を覚えずにはいられません。

(22日 02:20)