football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2010/08/21号

この試合、収穫あり
ただし結果以外

コンサドーレ札幌 0-0 栃木SC

 得点者

順位 (第23節) 勝点得点失点得失差
12 コンサドーレ札幌 27 22 6 9 7 23 1.05 (12) 25 1.14 (8) -2
6 栃木SC 33 22 9 6 7 29 1.32 (8) 21 0.95 (4) 8
順位(後半戦4節) 勝点得点失点得失差
12 コンサドーレ札幌 4 4 1 1 2 3 0.75 (15) 3 0.75 (3) 0
6 栃木SC 7 4 2 1 1 5 1.25 (11) 3 0.75 (3) 2

           内村
         (横野)
             
   砂川    岡本    高木
 (近藤)(岩沼)(>左SB)

     上里       芳賀

  西嶋  吉弘  藤山  藤田
            (右MFへ)

           高原

sub:佐藤 パク・ジンス
     中山 上原

古田と宮澤を欠いても、高木が戻ってきました。しかし石川は欠場です。フィールドプレーヤーは総動員で、メンバー落ちはみんな負傷欠場です。ギリギリのメンバーで戦って、チーム内での競争はあるのかと、少し心配になりますが、出番が与えられたらチャンスです。

今回そのチャンスを生かせたのは横野でしょう。後半42分に内村に代わって入ると、2分後にはCKをヘッドでゴールを狙いました。わずか3分プラスロスタイムの出場時間ながらも、ポストプレーやボールを左右に散らして、好機を演出。最もゴールに迫った感がしたのではないでしょうか。

守備陣は、藤山と吉弘が、リカルド・ロボとチェ・クンシクの強力2トップに対して粘り強く対応。ほとんど仕事をさせず、決定機を与えませんでした。ここでもチャンスを得た吉弘が、体の強さを武器に空中戦を制圧しました。石川不在でやっと勝ち点を挙げられたのは収穫です。

しかし、そんな収穫があっても、試合終了後に罵声を浴びる内容でした。携帯で追う限りは押しているようにみえましたが、シュート数は前半2本、後半4本の計6本。ラインコントロールに長けてビルドアップできる石川が不在だと、後ろから押し上げたり追い越したりできなくなるのでしょうか。これでは相手より得点力が劣るだけに、得点までの道のりは遠くなります。

この試合の着眼点

岩沼が戻ってきました。メンバー入りはまだ先だろうと思っていましたが、約20分間プレー。これが実戦勘を取り戻せるものかどうかわかりませんが、左サイドバックが戻ってきたことに意義があります。

あとは勝ち点3。まだまだあきらめるべからず

(24日 02:10)