football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/10/31号

結果は許す
過程は許せない

清水エスパルス 2-0 コンサドーレ札幌

 得点者


            キリノ
            
  砂川   上里    宮澤    石井
(中山)(右MFへ)(上原)(ハファエル)
            
         ダニルソン
        
  西嶋   石川    吉弘    芳賀
            
             高原

sub:荒谷 堀田 岩沼 横野

J1で優勝争いを繰り広げるチーム相手に、相性最悪の静岡県日本平。0-2のスコアなら惜敗のうちに入ります。負けても仕方ない、あるいは許容範囲なスコアと見られますが、その中身は不満です。

まず、試合の入り方がダメ。左サイドのFKから素早いリスタートから反応したMF山本がDFの間をぬってシュート。これは右ポストに当たったが、その跳ね返りを押しこまれました。キックオフから約35秒です。少しでも長くスコアレスな時間を続けてペースを握りたいところですが、もろくも崩れます。集中を欠いていたところをやられてしまった(by高原)のでは、戦う前に負けています。20分にはオフサイドトラップをかけきれず、やはり永井にDF裏に抜けられ追加点を献上。ラインコントロールのミスと、GKとDFの連係のミスって、リーグ戦の悪いところそのままじゃないですか。後手に回っては、技術に劣るウチらは敗戦濃厚です。

後半と同時に石井に代えてハファエルをトップ下に投入。宮澤をボランチに下げて4-2-3-1に変更。前半はサイドバックでしかタメを作れず、2列目でもタメを作ってサイドバックの攻撃参加を促したい狙いです。同時に、最終ラインと2列目の間にはダニルソンしかいなくて、前からのプレスがかからないためその両脇のスペースを狙われる状況を打破しようとしたのでしょう。これは当たり、自分たちのサッカーができるようになっていきました。後半だけで相手の倍の6本のシュートを打てましたが、みんなエリア外からのこわくないシュートでは、得点を取れる気配がしません。相手を怖がらせることなく、あっさりと敗退になりました。

この試合の着眼点

来季契約への査定の場だったのですが、収穫はあったのでしょうか。選手生命懸けるはずだった石井は前半だけで交代。前半18分の枠外シュートくらいでは見せ場なし。今後、起用があるのか気になります。

残すはリーグ戦のみ4試合。全力で戦ってくれることを望みます。

(2日 01:30)