football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/10/25号

牛タン食べたかったなぁ
あとずんだもちも

ベガルタ仙台 1-0 コンサドーレ札幌

 得点者

順位(第47節10/25現在) 勝点得点失点得失差
2 ベガルタ仙台 96 47 29 9 9 77 1.64 (2) 38 0.81 (1) 39
7 コンサドーレ札幌 71 47 19 14 14 64 1.36 (8) 55 1.17 (8) 9
順位 (第3クール) 勝点 得点 失点 得失差
2 ベガルタ仙台 30 13 9 3 1 21 1.62 (1) 10 0.77 (5) 11
6 コンサドーレ札幌 21 13 6 3 4 18 1.38 (5) 15 1.15 (8) 3
順位 (後半戦) 勝点 得点 失点 得失差
1 ベガルタ仙台 45 21 14 3 4 35 1.67 (2) 20 0.95 (4) 15
5 コンサドーレ札幌 34 21 10 4 7 30 1.43 (6) 24 1.14 (8) 6

        キリノ
            
  藤田 上里 宮澤 古田
(砂川)↓  ↓(中山FWへ)
        ↓(ハファエル)
(ボランチへ)       
            
      ダニルソン
        
  西嶋 石川 吉弘 芳賀
            
         高原

sub:荒谷 岩沼

これが昇格を目前にしたチーム。16,515人の大観衆の前に力の差を見せつけてられました。リーグ最少失点のチームは7本しかシュートを打たしてくれません。しかし、技術の差だと思いたくない。完全アゥエーですが、気迫が希薄なんて、シャレにならないことはなかったですよね???

立ち上がりからスタジアムの後押しにブーストされた猛攻撃を受けます。圧力を受けると飲まれてしまったのでしょうか。前半は終始押されっぱなしで、こちらはシュート2本。両サイドからのセンタリングを相手GKの守備範囲に放り込むだけで精一杯。逆に高いDFラインを、ロングボールで下げられます。ワンボランチのダニルソンの脇のスペースを、MFリャン・ヨンギが中に入ってプレーされます。上里が下がってダブルボランチにしてからは、ゲームも落ち着いてチャンスも作れるようになりました。DF陣もなんとか踏ん張っています。

展開に動きが出てきたのはハファエル投入してから。後半11分に宮澤に代わって入ると、キリノにボールが収まるようになります。タメができるようになりました。18分に、ペナルティーエリア内でのキリノのポストプレーに反応してゴール正面に飛び込んできたハファエルが、相手守備陣の対応が追いつかず、完全フリーで強烈なシュートを放つもサイドネット。20分にもペナルティーエリア深くへハファエルが侵入するが、低く鋭いセンタリングには相手GKが素早く反応してボールを押さえました。これが流れを変えることになり、1分後に一瞬のスキを突いて速攻でやられてしまします。前がかりになったところでパスを回されて、最後に応対できたDFは1人だけでした。

そうなると、相手はこのリードで十分。中山投入で3-5-2に布陣を換えてきても、シュート17本放たれる劣勢では、失点を食い止めるだけで精一杯。開幕戦と同様に、1発に泣きました。今季のこのカードの得点は、上里の蹴り損ないだけです。これでは昇格争いに値するチームではありません。

この試合の収穫

ハファエルが攻撃で貢献できたことですね。しかし試合前日には、スタメンに出る選手は来季も必要な選手、との報道がありました。そのまま受け取るなら構想外になりますが、高年棒に見合うなら、得点量産しかありません。まだまだもの足りません。

次週は天皇杯エスパルス 戦。J1優勝争い中のチーム相手に工夫して戦えるのか。ハファエル投入は中盤とDFラインとの間隔が開いたときに勢いづけようとしたが、そんな展開に持ち込めるか。ただし、雰囲気に呑まれるのはもう勘弁。

(28日 01:00)