football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/10/17号

うずしおにのまれる?
いや、深みに入り込む

徳島ヴォルティス 3-0 コンサドーレ札幌

 得点者

順位(第45節10/18現在) 勝点得点失点得失差
6 徳島ヴォルティス 69 45 19 12 14 66 1.47 (6) 45 1.00 (3) 21
7 コンサドーレ札幌 68 45 18 14 13 63 1.40 (7) 54 1.20 (9) 9
順位 (第3クール) 勝点 得点 失点 得失差
7 徳島ヴォルティス 17 11 5 2 4 18 1.64 (2) 6 0.55 (1) 12
6 コンサドーレ札幌 18 11 5 3 3 17 1.55 (6) 14 1.27 (8) 3
順位 (後半戦) 勝点 得点 失点 得失差
9 徳島ヴォルティス 27 19 8 3 8 31 1.63 (4) 17 0.89 (2) 14
5 コンサドーレ札幌 31 19 9 4 6 29 1.53 (5) 23 1.21 (8) 6

         中山
            
 藤田 砂川 宮澤 古田
    (石井)    ↓
        (ハファエル)
            
     ダニルソン
        
 上里 吉弘 柴田 芳賀
         (横野)
            
        高原

sub:荒谷 岩沼

メンバーの問題ですか? チャンスを与えられた選手は奮闘したのですか? 誰が代わっても変わらぬチーム力でないといけないと監督の言葉を思い出すなら、昇格消滅&6位を賭けた大一番を無様な結果で終わるはずがありませんよね?? 西嶋の出場停止だけでなく、石川がインフルエンザ。キリノ発熱、西が遠征帯同するも足首の痛みで欠場。チョ・ソンファンは左かかと痛が長引きそうになり、上原も発熱。右ひざ負傷から復帰間もない堀田以外のフィールドプレーヤー全員17人が遠征に帯同しました。最悪の事態に備え、ベンチ入りメンバーより1人増やした総力戦の結果がコレですかい。

なかなか出場できなかった選手にとってはチャンスですが、この試合の失点シーンを見ると、先発させてくれない理由がわかりました。前半の終了間際に高原がFWキムと接触。転倒した間に、そのままファーサイドに流れたボールをFW羽地に押し込まれて先制されました。キーパーチャージと判断してはいけません。足が止まった柴田は、カバーにいくことを自らやめていました。後半早々の失点は、吉弘がヘッドでクリアしたボールをダイレクトでMF倉貫に打たれたもの。3失点目は柴田がこぼれ球の処理に手間取っている間にボールを奪われました。高原はフアインセーブもあり最低限の仕事をしたと思いますが、センターバックの二人は、今後の起用をためらいます。

攻撃は先発した中山、砂川が奮闘できればよかったが、なすすべなし。シュートは前半に芳賀が放った1本だけ。32分に中山のパスからの強烈なロングシュートでした。惜しくもGK上野に触られ、バーに当たってCK。相手守備陣の奮闘で、最後にシュートを打てないもどかしい展開だっただけに、枠内のこの一発は流れを左右しました。

この試合の収穫

契約しない選手の目星がついたんじゃないですか。少なくともこれから起用していきたいのか、止めておきたいかは判断できたのだろうと思われます。

試合終了後の大ブーイング、当然でしょう。チャンスをモノにする、あるいは6位争いに勝つ。そんな気迫ありました? プロだったらその気持ちを見せてほしい。それが、メンバーが代わっても一定の力を出すことにつながります。

(18日 22:40)