football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/10/04号

火の国で不完全燃焼
昇格への灯消すべからず

ロアッソ熊本 0-0 コンサドーレ札幌

 得点者

順位(第43節) 勝点得点失点得失差
14 ロアッソ熊本 42 43 11 9 23 56 1.30 (10) 78 1.81 (18) -22
6 コンサドーレ札幌 68 43 18 14 11 63 1.47 (6) 50 1.16 (8) 13
順位 (第3クール) 勝点 得点 失点 得失差
14 ロアッソ熊本 8 9 2 2 5 12 1.33 (7) 18 2.00 (17) -6
4 コンサドーレ札幌 18 9 5 3 1 17 1.89 (2) 10 1.11 (8) 7
順位 (後半戦) 勝点 得点 失点 得失差
17 ロアッソ熊本 14 17 4 2 11 23 1.35 (7) 37 2.18 (18) -14
5 コンサドーレ札幌 31 17 9 4 4 29 1.71 (4) 19 1.12 (5) 10

         キリノ
            
  藤田 上里 宮澤 古田
(砂川)↓  ↓(中山>FWへ)
        ↓(ハファエル)
(ボランチへ)
            
          芳賀
        
  西嶋 石川 柴田  西
            
          高原

sub:荒谷 ダニルソン 

29.1度の火の国で火だるまにならなかっただけ、マシなんですかね。道内と10度以上差がある暑さの差が影響したのかもしれませんが、負けなかったのでよしなのでしょう。6位のチームがそんなのんきなことを言っている場合ではないんですが、4試合連続無失点はエライ。しかし、今季の対戦が終了して、ロアッソ戦無得点のショックのダメージは否めません。

引き気味で試合に入ったのは仕方ないにしても、立ち上がりに押し込まれて、そのまま終わってしまったのでは意味がありません。こちらの良いかたちはほとんど作れず、相手のプレッシングにやられて、いい形を結構作られていました。攻撃は、サイドをあまり使えず、中央からばかりで、スピードどの緩急もなく工夫なしに時間が刻まれていきました。

良いところは、文句なく2試合連続で高原に救われたことです。後半6分に木島のミドルシュートをはじき出し、後半22分には、柴田のファールでPKを献上。ここで木島が蹴ったボールを正面で捕えました。これが両チームの最大のチャンスで、あとはキリノが抜け出して、相手キーパーと1対1になったくらい。中山投入で3-5-2に布陣を変更するが、生かすことなくタイムアップになりました。

この試合の着眼点

脅威的な回復力でダニルソンが合流しましたが、結局出場なし。先発のつもりで帯同していましたが、コンディションや試合の流れがあったにせよもったいない結果でした。これなら無理に帯同させなくてもよかったのではないかと思えます。今日の展開なら、暑いながらもずっとスコアレスで進められたのだから、暑さにも負けず残り15分全力勝負な選手交代があってもよかったと思います。

それとも、中二日のセレッソ戦に温存したのでしょうか。引き分ける余裕はないはず。やりくりが難しい中、うまく戦ってほしい。

(7日 0:20)