football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/08/16号

花火大会は勝って見るモノ 
長良川艶歌は俺達が唄う

FC岐阜 0-2 コンサドーレ札幌

 得点者

順位(第34節8/16現在) 勝点得点失点得失差
12 FC岐阜 41 34 10 11 13 34 1.00 (14) 46 1.35 (11) -12
9 コンサドーレ札幌 50 34 13 11 10 46 1.35 (9) 40 1.18 (8) 6
順位 (第2クール) 勝点 得点 失点 得失差
10 FC岐阜 25 17 6 7 4 20 1.18 (11) 21 1.24 (10) -1
11 コンサドーレ札幌 23 17 6 5 6 21 1.24 (10) 19 1.12 (7) 2
順位 (後半戦) 勝点 得点 失点 得失差
6 FC岐阜 14 8 4 2 2 10 1.25 (12) 10 1.25 (7) 0
7 コンサドーレ札幌 13 8 4 1 3 12 1.50 (7) 9 1.13 (3) 3

        西    キリノ
     (中山)(上原)
    
   砂川           古田
   
    宮澤   ダニルソン
  (芳賀)
    
 上里  石川  吉弘  西嶋

          荒谷

sub:高原 ハファエル

ダニルソン重戦車。ピッチを縦横無尽に駆けめぐるブルドーザーだ。開始3分、ココで雌雄を決しました。中盤右寄りから古田とのワンツーで抜け出すと、ドリブルで強引に突破してシュート。この他にも何人も引きつけて突破してシュートしていました。早々に先制できたのがよかったですネ。

前節の4-1-4-1ではなく、宮澤とダニルソンとのダブルボランチ。FWはキリノと西が組んだ4-4-2で臨みました。相手の中盤がダイヤモンド型なので、プレスをかけやすくするためです。アタッカーに豹変したダニルソンは、2列目に下がってくる西と絡んで相手を脅かしつづけました。このダニルソンが上がってきたことは、警戒していても予測できなかったようです。

しかし、その副作用が出ました。ダニルソンが上がって出来たスペースを相手が利用し始めます。両サイドから仕掛けられ、相手のトップ下とFWが入り込んで高い位置で起点を作り出します。これで宮澤は守備に奔走することになり、ダニルソンとの距離が広がりました。35分を過ぎるとほぼワンサイドゲームになりました。中盤のミスが多かったようですが、サイドバックはフォローできなかったのでしょうか? 古田は長所をもっと伸ばしだいだけに、これからの課題です。後半もこの展開は変わらず。芳賀を入れて、ダニルソンを高い位置に置くようにしました。相手の詰めの甘さで、引いたところをシュートに至らせずに時間が進んでいきました。攻撃は押され気味になってからは、カウンター主体の攻撃になります。

後半25分ごろ、時計が19時半を指したとき、花火大会の本番がスタートしました。スタジアムには爆音が響き、煙りとゴミが舞います。これは、攻め込まれていた一瞬の隙を突く合図だったのでしょうか。カウンターから西のドリブル。パスに反応して砂川が抜け出し、フェイントでうまくボールコントロールしてから左足でシュートして追加点。その後は激しさを増す花火の爆音と、徐々にピッチを包んでいく火薬の煙と灰で、展開が変わりました。長良川全国花火大会、3万発の花火がごう音とともに打ち上げられると、そりゃ集中できませんなぁ。でも、2点リードなら互いに集中を欠いたシチュエーションなら充分でした。

それでも苦言をいわせろ

気になる点が二つ。古田の次節欠場通算14枚目とリーグワーストの警告数のダニルソン。どちらも欠けると痛い。SBS杯国際ユース大会に出場するため欠場は致し方なく、依存度が低くなるよう普段からバリエーションを増やしていけばいいが、カードは防げるものもあるのではないのか。あと2枚で今季5度目の出場停止になる。一流であればあるほどカードをもらわなくなる。その点も期待したい。

(19日 02:00)