football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/04/12号

今日の収穫
FW陣のゴール数がふえた

コンサドーレ札幌 1-1 カターレ富山

 得点者

順位 (第7節) 勝点得点失点得失差
16 コンサドーレ札幌 5 7 1 2 4 5 0.71 (12) 11 1.57 (16) -6
14 カターレ富山 6 7 1 3 3 3 0.43 (16) 5 0.71 (4) -2

      キリノ   宮澤
     (上原)(石井)  
  岡本              藤田
(砂川)
       上里      西
  
  西嶋  吉弘  チョウ  芳賀
                    
           荒谷

sub:高原 岩沼

またまた終了間際ですか…。携帯電話を何度もリロードして、はよ時を刻んでくれいと思いやっと出た更新時の表示は、かなしいお知らせでした…。

前半は文句ないですよ。キリノのゴールで先制して、終始押し気味に、守備でも危なげなくゲームを進めます。追加点を奪えそうで奪えなかったのは不満ですが、問題なくハーフタイムを迎えました。

昨年と同様に、後半になってからが問題なんですよ。 相手だって工夫してくるのだから、自分たちのスタイルを貫くなり、対応するなりしないといけません。相手がロングボールを多用してくると、ラインが下がってきます。セカンドボールを取られるのを恐れて下がると、相手の思うつぼ。それこそラインを上げてオフサイドをかけに行ければいいけど、この現状このメンバーにそれを求めるのは酷なのでしょうか。おのずと後ろからの押し上げが薄くなります。試合のコメントで、終盤はチーム全体として怖がっていたのか、セーフティなプレーが多くなっていた、と、いった声があったが、違和感を感じました。喝!を入れたい。ボールを奪いに向かって、戦う気持ちを笛が鳴るまで持続するのがセーフティーでしょ。

この試合の着眼点

藤田の動きが目立っていました。ボールを受けると縦への仕掛けだけでなく、2トップに斜めのクサビを当てたり、ドリブルで内側へ入り込んだりとチャンスメイクが光りました。芳賀が良いタイミングでフォローに入ると、相手左サイドを制圧。優勢にゲームを進めていました。

ここに現状打破のヒントがあるようです。マイボールを多くする。フォローに入る。ディフェンスラインを押し上げる。ボールに向かっていく。次節ザスパ戦まで時間がない。これができりゃ前途は明るい。

(14日 00:50)