football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/03/22号

風だー 風林火山だー
神風特攻隊か?

ヴァンフォーレ甲府 2-1 コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第3節) 勝点得点失点得失差
5 ヴァンフォーレ甲府 7 3 2 1 0 3 1.00 (7) 1 0.33 (2) 2
10 コンサドーレ札幌 3 3 1 0 2 3 1.00 (7) 4 1.33 (11) -1

           キリノ
          (石井)

 ダニルソン クライトン 宮澤
(砂川)          
       上里       西

  西嶋  吉弘  チョウ 藤田
                   (岡本)
            佐藤

sub:荒谷 芳賀

嵐晴嵐。関東甲信越の三連休は春の嵐。しかし風はピッチに平等に吹いている。向きは違うが、それを生かすも判断次第。同じ風ならうまくのりたいモンです。

大西のFKで、佐藤は追い風でボールが前に押し戻されると思いキャッチしようと飛び出したが、実際にはそんな読みとは関係なくノータッチで失点。2試合連続で直接FKで失点になりました。

これが不運だったにしても、落胆している場合ではない。3分後には、今季初めて相手に崩されて失点を喫する。と、思ったら、吉弘の勇み足でしたか。マラニョンに右サイドを崩されると、吉弘が自分のマークを捨て右サイドに走ったが折り返され、チョも出ていたのでゴール前は西嶋対2人の数的不利。大西に難なく追加点を献上。

後半開始になると、システム変更をしかけました。4-2-3-1から4-4-2へ。流れを変え、点を取りに行きます。ダニルソンに代え、前節にゴールを挙げた砂川を投入。右サイドバックの藤田は1列前、高い位置のMFへ。前半はマークに遭って抑えられていたクライトンはボランチへ。これで相手のマークを外して主導権を握るようになりました。西嶋のヘッドによるゴールはこの流れからです。

これがあったからまだ救われたけど、昇格争いのライバル相手に自滅しては勝ち点を拾えない。システムやコンビネーションの模索、キリノとダニルソンのフィット、曽田と箕輪を欠く守備陣といった課題を抱える中、自滅は勘弁。ボールに向かっていく姿勢はいいが、状況判断を的確にしないと風は逆に吹きます。

(24日 2:40)