football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2009/03/08号

下を向くなかれ
自信持って最後まで戦え

コンサドーレ札幌 0-1 ベガルタ仙台

 得点者

順位 (第1節) 勝点 得点 失点 得失差
15 コンサドーレ札幌 0 1 0 0 1 0 0.00 (11) 1 1.00 (9) -1
5 ベガルタ仙台 3 1 1 0 0 1 1.00 (5) 0 0.00 (1) 1

         キリノ

  岡本  クライトン  石井
(藤田)          (砂川)

     上里   ダニルソン

  西嶋  吉弘  チョウ  西
                   (宮澤)
           佐藤

sub:荒谷 芳賀

0対1。負けは負け。この受け止め方はカテゴリーが落ちた昨年と違うはず。J2最強の相手で51分の1となれば、受け入れるだけの余裕が必要になるのではないだろうか。開幕戦はこれまでやってきたことを出せるかが気掛かりで、その点ではお互いに合格点な試合だった。

ウチラは相手に強いプレッシャーをかけてボールを奪い、ゴールに結びつけること。開始早々からできており、相手監督を慌てさせるには充分だった。岡本・石井の両ウイングからの攻撃。これを可能にした上里の守備の成長と献身さ。守備でも奮闘するトップ下クライトン。サイドバックが積極的に前に出て攻撃に加わり、常に複数のパスコースを確保するプレースタイル。列挙すればするほどワクワクするじゃないですか。

でも、なにかが足りない。お気づきの通り、中盤は魅力的で期待が高まる。しかしそれはまた、相手は中盤勝負を避けてくる。後半にはボランチ千葉がクライトンにマンマークしていたように、長所を消しにかかる。そこで差がつくのが、勝負を分けたセットプレーであり、これまで触れてなかったDF・FWです。攻守両面において、最後のところでプレーの精度を欠きました。崩されての失点ではありません。

昇格した2007年はダメゲームからスタートしました。それに比べりゃ、ホームを沸かせた、希望に満ちた開幕戦じゃないですか。熟成していって、今月を五分以上の成績で終えられればいいです。

(11日 1:40)